読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【三つ子赤ずきん】ボスと戦うその前に

三つ子赤ずきんとふしぎの森

「三つ子赤ずきんとふしぎの森」の公開から早三日が経ちました。
この短い間にふりーむさんでレビューをいただいたり、実況していただいたりと非常に恵まれたことばかりで、プレイしていただいた皆様には本当に感謝の念が尽きません。ありがたやありがたや……。
正直なところ公開前にこれを出していいのかと不安だったのもあり、公開後もしばらくは落ち着かなかったのですが、今では感想を見かけてはにやにやしております。調子に乗っていいねを投げたりしていますが決して怪しい者ではありません。

 

さて、公開から数日「戦闘バランスが丁度いい」とも「ボスが強くてきつい」とも感想をいただいていますが、細かな攻略を作者から出すには早すぎると思うので(というよりボスの攻略情報は出してもゲーム内だと思います。)このゲームでの基本的な方針を紹介します。

 

「三つ子赤ずきんとふしぎの森」ではあまり雑魚戦をしないままボスに挑むとやや苦戦するくらいのバランスになっています。(ノーマルモードの場合)
レベル上げをしてももちろん良いのですが、当ゲームでは他にものびしろが潜んでいるので、ボスに勝てないよという方は「舐めプできるまでレベル上げてやるぜ!」って前に以下の点をぜひ確認してみてください。


もちろんこれを優先してやれ!というのはなく進め方は人それぞれなので、あくまで参考程度に。

 

 

①編成
ボスによって三つ子の役割、連れて行くお助けキャラの組み合わせで戦いやすさが変わります。
(最初の森でクーが強かったからとクーばかり連れ回していませんか?)

魔法が効きにくそうな相手なら赤のまほうつかいから他の役割に変える、敵の攻撃が痛く回復が間に合わないようなら赤のいやしてやウェーナーなど回復役を二人にする……など編成を工夫し状態異常などの対策をすることで低レベルでも十分撃破が可能です。

ちなみにお助けキャラはボスエリアのクリスタルからも変更可能です。
道中を雑魚殲滅力の高いクーで、ボスを単体火力の高いアルシェやコーダで……という風に状況に応じた編成にすることで戦闘ターン数を節約することができます。

 

②友好会話による三つ子のステータスの底上げ
今持っている素材でお助けキャラたちの友好会話が解放できないか確認しましょう。
このゲームではお助けキャラの生存に関わらずマルム、アルム、ピルムの三人が全員戦闘不能になると全滅扱いになるため、三つ子の強化は生命線ともいえます。

お助けキャラ四人の友好会話で上昇するステータスは以下の通りです。

コーダ:最大HP,AGI
アルシェ:ATK,DEF
ウェーナー:MDF,PIE
クー:MAT,最大SP

Rankが上がるたびに4%→7%→10%と三つ子たちの基本ステータスが上昇します。(SPは1ずつ)

 

③究極の書の必殺技
きざしの森以降のボスを撃破することで手に入る「古びた紙切れ○」をポムの村のとある人物に持っていくことで、「古びた紙切れ○」の種類に応じたスキルを三つ子に習得させることができます。
中には微妙なものもあるかもしれませんが、各Chapterクリア毎にチェックすることをおすすめします。

 

④装備
いきなりRPGっぽくなりました。
武器は拠点にいるノーチェ、身体防具はポムの村の酒場にいる行商人から購入可能です。(装飾品はどちらからも購入できます。)
値段はやや高めですが、お金に余裕があれば揃えてあげるといいでしょう。

三つ子の武器・防具はChapter開始ごと、お助けキャラの武器はChapter.4、防具はChapter.3と5開始時に追加されます。
Chapter.EXでは全員分の武器と防具が追加され、防具は赤ずきん人狼・猟師関係なく全員が装備できます。

 

⑤それでもきついならレベル上げ
新しいスキルがひとつ増えるだけでも楽になるかもしれません。
ただし同じ役割でもキャラによってスキルを覚える順番が違ったり、覚えない属性があったりするのでレベル上昇時はできれば編成も確認したいところです。
(例:マルムはつららぎりを覚えない)

 

ぜひ色々試してみてください。